ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
10年ひと昔。
3月も今日で終わり。
わたしは個人事業主になってもう10年が経とうとしているので、確定申告という作業によって年度末感は感じられるものの、3月31日で年度が締まるというような感覚はない。けれど、桜がわああっと咲き始めるこの時期、自分がひとつ年を重ねるという時期と重なっていることもあり、なんとなく通常の月次よりも、切り替わり感というのは大きく感じる。

2005年にハワイ島でのマッサージ留学から帰ってきて、神奈川県三浦半島の海辺、秋谷でサロンを開いてあっという間に10年が経ってしまった。その頃知り合った友人、仲間とは、今もゆるーく繋がっていて、以前よりは会う回数も減ってしまったけれど、Facebookなどでなんとなくお互いの動向は知っていて、たまに顔を合わせても「よくあちこち行ってるね〜」などと声をかけられびっくりすることもある。



そうそう、そんな同時期移住仲間だった人のうちのひとりが、去年石垣島に移住、川平湾の近くにゆんたくできるスペースがあるゲストハウスのような雰囲気を持つ、B&Bホテルを開業した。

移住や開業に至った詳しい経緯は聞いていないのだけれども、移住当時、宿主のミュージシャンでもあるTogoさんと知り合った頃、「旅に出ようと思うんだけど、沖縄と小笠原どっちがいいと思う?」と聞かれ、「音楽やってるなら絶対沖縄がいいよ!八重山がいいんじゃない?」と言ったのがキッカケ・・・かどうか知らないけれど、その後彼はものすごい勢いで八重山にハマり、結果、彼女と一緒に移住して宿屋をやることになるなんて、人の人生ながらしみじみ凄いというか、人生って本当に素晴らしいなあと思う。


石垣島を含む八重山諸島は、ひと昔まえまではめちゃめちゃ旅費がかかって(特に航空運賃)行くのが大変だったのだけれども、最近はLCCのおかげでかなり気軽に足を運べるようになったように思う。特にPeachに大阪−石垣便ってのがあって、関西からは相当行きやすくなっているはず。わたしも是非近いうちに遊びにいって、美しい川平湾でSUPやるんだ〜と妄想中。



続きを読む >>
3月の沖縄
気がつけば3月も終わりに近づいていて、あまりの早さにびっくり!ではあるけれど、確実に日は長くなり、太陽はまた富士山に近づき(三浦半島西海岸、年2回のダイヤモンド富士の時期がやってまいりました!)陽射しは暖かくなって、ああ春だなあと思えるような日も増えている。東京ではもうだいぶ桜も咲いているとか。

春生まれの自分は、確実にまた今年も歳を重ね、浮き足立つようなふわふわしたこの時期を、毎年やっぱりちょっと特別な気持ちで過ごしている。

今月始めは、久しぶりに沖縄に行った。
たまたまいつもDOORSでお世話になっている友人夫妻がLAから来日していて、沖縄の話を振ってきたので、「じゃあ一緒に行こっ☆」で決定。ゲストハウスプレスの取材もあったけれど、ほとんどが自分のため、のんびりリフレッシュのために出かけたのだった。

現地では、ゲストハウスに泊まったり、かと思えば恩納村の豪華リゾートに泊まってみたりと、通常の「観光」で行く場所は基本外して、普段着の沖縄からマニアックな場所まで、かなり網羅した自分好みの旅を作れたと思う。

※写真はクリックで拡大


唯一観光地っぽかったのは美ら海水族館くらい?
けど、圧倒的に混雑している昼間を外して、夕方5時以降に入場してガッラガラの大水槽を見て、水槽を眺められるカフェでずーっとジンベエザメを見続けた。




ざあざあ雨で、さすがに行くのをやめようか考えたけど、「そのうち止む!」と強硬突破した久高島では、ごはんを食べ終えたら奇跡的に雨がやみ、島をサイクリング。
夕方、やっぱり閉店間際でガラガラになった斎場御嶽の熱帯の森を堪能。



続きを読む >>
旧暦新年!新年に来るあたらしいクルマ。ーPEUGEOT307SW
お久しぶりの投稿です。いや〜この1ヶ月濃かった!


1月下旬、深夜に突然乗っていた車のギアが入らなくなり、そのままレッカー、廃車となる出来事があった。事故などにはならず、なんとか無事家に辿りつけたので笑い話のネタでしかないけれど、そのとき「なんだかこれは大きな変化の始まりなのかもしれない」と思ったことを覚えている。


私が今住んでいる葉山・秋谷近辺は、車がないと本当に生活がヤバイレベルの不便さなので、やはりどうしてもすぐにクルマをゲットしたい。今出せる予算と、緊急度と、やることが多くて車屋さんに見に行ったりじっくり比較検討・購入の手続きをするヒマがないこともあり、いつもお世話になっている中古車ディーラーのお兄さんに、運命を委ねてみることにした。

私がハワイ島からここ神奈川県横須賀市秋谷に越してきてもう10年近くになるけれど、その間2回クルマを買い替えた。その購入に当たっては、神風か?っていうくらいのものすごい引き寄せストーリーがあって、ときどきお友だちやセッション中にお話することもあるのだが(いつか機会があればブログでも書こうかな)今回も、そういうすごい引き寄せがきっとあるに違いない!と信じて、突然壊れた2代目ぷじょーくん(PEUGEOT306breakー10万キロ手前でのBreakdown)と涙のお別れをした。


そしていくつか紆余曲折はあったものの、次のクルマの方向性も決まり、2月に入って私が仲間と運営しているDOORSでの主催で2015セドナ&グランドサークルツアーが始まった。

続きを読む >>
iPhoneから投稿テスト
どうもスマホから長文を書く気にはならないのはなんでだろう?

キーボードのほうが圧倒的に文章打つのが早いからか?でもフリック入力だってまあまあ早いほうなのに、なんかこう、言葉にする回路みたいなのが違うような、そんな感覚。

短文ならこれで充分なんだろうけど。
むーん



というわけでまずは投稿テスト。
これからスマホでブログ更新するかどうかは、謎ですが。
ご近所の風景たち〜三浦半島・秋谷LIFE
久しぶりに記事を書いていたら、手違いで全部消えてしまった・・・・・・orz

がっくりきたので、写真だけ貼り付けることにしました。
一昨日と今日撮影したご近所の風景。

三浦半島・葉山/秋谷周辺は水仙がそろそろ見頃かな。
今日の昼間はちょっとだけ春の気配を感じました。

※写真をクリックすると拡大表示されます





人生の取捨選択。ーPDCAサイクル
まだこちらでは新年のご挨拶をしていなかったことに今更気づいたので、10日経ったけれども2015年初のブログ更新をば。今年もこんな感じでこのブログはゆるゆるとですが、今!これが書きたい!言いたい!というときに、自由に書き連ねる場として続けていきたいと思っています。相変わらずの気ままな更新頻度ですが、どうぞよろしくお付き合いください。


年末年始は、ここ数年はいつも家でじいっとしていることが多いのだけれども、今年も急に「これやろう!」と思ったことに熱中し、気がつけば年も明けていたという「普通の日常」感溢れる、いや、むしろいつもより仕事してたかも?(笑)な年明けだった。

一年の計は元旦にあり、ともいうわけだから、きっと今年はすごく仕事をする年になるのかな、とも思っている。


昨年、2014年は「取捨選択の年」だと意識して、行動してきた。

自分の人生にとって本当に大事なものは何か?大切にしたい基準はどういうものなのか?を改めて考えなおし、必要なものだけを選びとる、つまり必要でないものとはお別れする、という選択をし続けてきたように思う。

この選びとる、とか不必要なものを排除する作業、というのは、カンタンなようで実はかなりやっかいな作業である。というのは、やったことがある人にとってはよくわかるであろう事項で、去年一年かけて、わたしはこの作業をいろんな分野で、やり続けてきたように思う。

仕事、恋愛、結婚、人生そのもの。

それらの価値観というものは、その時々で少しずつ変化する。いや、正確に言うと心の奥底・魂からの声というものは、きっとずうっと変わることがないのだろうけれど、大体において表に出てくるときには、「常識」「今までの経験」「不安や怖れ」などから、違う声として変換されて出てきており、自分が認識する価値観は、それらに大いに影響されている。

だから、ときどき「本当に私はそう思ってるのか?」を真面目に確認する作業が必要だ。
「結婚したい」「結婚したらこういう生活を送りたい」「好きなことを仕事をしたい」
というような、よくあるけれど実は漠然としたビジョンを持っていても、そこに「でもこういうのはイヤだ」みたいな条件付けをいっぱいつけてる限り、その条件のほうが大きく響いてきて、なかなかその思いは達成されない。


自分はどういう思いで、何を求めて生きていきたいのだろう?
その手段はいったいどういう方法が効果的なのだろう?

ビジネスっぽく言うとPDCAサイクルを回す、ということになるのだろうが、とにかく思いついたことは、まず小さくやってみて、結果を見てまたやりなおして、そしてまた違う別のことをやる。その繰り返しが大事で、それは実はビジネスだろうが人生だろうが全くもって変わらない。
恋愛だって、結婚生活だって、起業であっても、すべて同じ。

自分の人生について真剣に考え続けること、
そして何でもいいからとにかく始めてみること。

それが人生をよりよく生きるためには何よりも大事なことなのだろうと思う。
今年の自分はそんな取捨選択の年を経て、何をスタートさせるのだろうか?
いくつかのことを今は考えている。

続きを読む >>
日々、軌道修正。
12月前半から中盤にかけては、外に出かけることがほどんどだった。
先日ご案内した、岡山にあるゲストハウスいぐさでのゲストハウス開業セミナーでは、僭越ながら半日ほど講師を務めさせていただくなど、新しい動きも多かった。

セミナーでは「質のよいゲストハウスとは?」というテーマで、私が考える「質のよさ」とは?というお話の部分と、それを踏まえてのよい宿の事例を紹介。その後、ワークショップ形式で、みんなに「質のよさ、高さ」の例を具体的に考えていただき、ディスカッションをした。

岡山駅から10分程度でこのローカルっぷり。早島駅

みんな本気で数年以内にゲストハウスを中心に、何か「場」を持ちたいとかんがえる人たちばかりだったので、非常に意識が高く、真剣にこのテーマに取り組んでくださった。とはいえ、基本大阪人な私なので、笑いとユーモアとオチは忘れない(笑)。とても楽しい時間だった。

そうそう、ゲストハウスプレスのFacebookページでの告知を見て参加を決めてくださった方も複数名いらっしゃって、めちゃめちゃうれしかった!自分が「出来る範囲で」「無理せず」発信していて、あまりものすごくガンバってはいないのだけれども、それでもやれることっていっぱいあるな、と改めて感じたりして。

みんな真剣な表情で課題に取り組むの巻
過去3回のセミナーの参加者がお手伝いで来てくださって盛り上げてくださったのも感謝!


こんな風に、人のお役にたてて、自分の知識や経験が活きてくるような仕事はいいなあ〜と思う。そして、私はそういう人と人とがガチでぶつかるような、LIVE感がある現場が好きなのだなあということを改めて感じた。

写真を撮ったり、文章を書いて発表したり、ということも、もちろん好きだし、嫌いじゃないけれど、そういうある種内向きというか、特定のものを深掘りしていって、これだ!というものを一気にアウトプットするようなものよりも、毎日一定のものを、その場の状況に応じて変化をつけながら、発信し続けるようなもののほうが得意なのかもしれない、というようなこと。


だけど、それはやってみなければ、体験しなければわからないことでもあった。


続きを読む >>
ゲストハウス開業合宿セミナー@岡山で会いましょう
ここ数日、家の中を整えつつ、パソコンで作業ばかりの日々が続いている。来週はまたお出かけなので、それまでにいろいろとやっておくべきことをやっておく必要があるから。

とはいえ、今自分がやっているお仕事は、ジャンルはいろいろあってもイヤだな〜とか、やりたくないけど仕方なく引き受けてやってる、みたいなのは全然なくて、全てが「やりたいからやってる」ことばかりなので、そういう意味では仕事量が増えたところで、まったく苦にはならない。(自分の仕事のやり方の効率の悪さには辟易するけれども・・・それはまた別問題なわけで)


今は、先日公開した来年2月のDOORSセドナ&グランドサークルツアー関連のあれこれを中心に、受注しているホームページ制作プロデュースの仕事や、ゲストハウスプレスのフリーペーパーの準備など、もろもろのタスクと格闘中。どれも手も気も抜けない思い入れの強いことばかりというのは、大変だけど本当に幸せなことだと思う。

そんな中、もう今週末になるけれど、自分としては新しいジャンルのお仕事をさせていただくことになった。去年秋から運営しているメディアーゲストハウスプレスの編集長として、ゲストハウスをやりたい!と考えている方のためのセミナーのゲスト講師として呼ばれたのでした。


↑※こちらには書かれていないけれど、ここから更に私ともう一人、訪日メディアMATCHAを運営する青木優さんがゲスト講師として参加する予定☆

岡山市早島町にあるゲストハウスいぐさにて行われるゲストハウス開業合宿セミナー におじゃまして、「質のよいゲストハウスとは?」というテーマで、参加者のみなさんと一緒に考えたりお話しすることに。

早島町ってどこ?って人がほとんだと思うけれど、(わたしもそうでした)JR岡山駅から瀬戸大橋方面へのJRで数駅、倉敷へも自転車で行けるというようなわりと町なかの場所。けれど、そんな中にまるで無人駅!?っていうようなぽつーんと風情のある駅と、のんびりした田舎の景色が残る場所。

昔は「い草」の産地として有名だったのが、最近はその伝統がほとんど途絶えかけている、ということもあり、、現在ゲストハウスいぐさでは、独自のい草田を持ってその伝統産業を復活するような動きもしている、とても面白い宿。

いぐさの苗(伸びてきたら冬にまたもう一度植え替えをして育てるのだそう!)

ゲストハウス、もうやる気マンマン!開業するんだぜ!っていう方はもちろん是非参加してもらいたいですが、まだ決意までには至っていないけれど、

「地域に関わることをやってみたい」
「自分を活かす方法ってなんだろう?」
「ゲストハウス運営するってどういうことなんだろう?」

みたいなことを考えている方にも、是非講師や仲間とともに頭を働かせる3日間で、きっと参加した人それぞれに、何か大きな「種」が芽吹く、ようなことが起こるんじゃないかな。
メイン講師の倉敷有鄰庵・庵主の中村さんは、非常にアツイ方なので、そうした大人の真剣な「仕事」という「遊び」を目にすると、きっとそれだけでもインスパイアされる人が多いのではないかなと思う。

もう締切間近だとは思うけれど、きっと楽しい3日間になると思うので、検討されてる方は是非!会場でお会いしましょう〜。私は2日目、3日目と参加&取材させてもらう予定なので、オフの時間もいろいろと、ゲストハウスプレス取材時の裏話など出来るかな?と。



それにしても、何故セラピストの私がどうしてゲストハウスのことや海外や国内ツアーの企画ユニットDOORSをやっているのか?疑問に思っている人も多いかもしれない。けれど、これにはかなり深い理由があるのだった。(チョット長くなりそうだから次回につづく)


☆募集中&お知らせあれこれ☆

2015/2/1〜2/10
心のドアをひらく旅ードアーズの海外ツアー

2014/12/17〜 
リピーター様15〜30%OFF! 初めてご来店のお客様オプションメニュー割引特典

日本の旅の、新しいかたち。ーゲストハウスプレス
現在THE OWNER INTERVIEW #4 連載中。



本当にやりたいことって?

人生の選択肢はいろいろあって、今、私はかなり自由な身なので、本当に自分のやりたいことを、やりたいように生きるという選択肢の幅が大きい。

もちろんそれは、私自身が望んできたことだし、そうするために数多くの決断や訣別をしてきている。「しがらみ」や「常識」から離れて、自分の思うように生きたいという思いは、おそらく学生を卒業した頃からずっとあって、就職や転職や、病気になったり、結婚したり別れたりする中で、その時々で「本当にやりたいことはなんだろう?」「何をすれば自分は自分らしく生きているといえるのだろう?」と考えてきた。


結局のところ、その答えというのは、いつだって存在するようで、完全な答えなど存在しない、というのが最近の私の考えだ。

捕まえたと思ったら、スルリと手の中を抜けていく雲のような、そんな存在。

ずっとずっと追求し続けて、完全な答えなどないこともわかっていて、それでもやっぱり追い求め続けていくもの。それが「夢」だったり「本当にやりたいこと」だったりするのかもしれない。

本質的にはおそらく「本当にやりたいこと」の内容はもうわかっていて、変わることがない。
人が幸せに生きていくために、「人生って案外捨てたもんじゃないよね」って誰もが思える世界をつくること。

生きながら死んでる人、日本にはいっぱいいる。
魂が抜け殻みたいになっている人。
そういう人に、生きる喜び のようなものを、少しでも取り戻して欲しい。私は常にそういう思いでいろいろなことにチャレンジしているのだと思う。


けれど、その理念を、どう具現化していくか?
いかに、それをたくさんの人に伝えていけるのか?

ということを考えたときに、その選択肢がものすごくたくさんあり、そして自分のやれること、やりたいこと、時間と手間がどうかかるのか?を考えはじめると、アタマを抱えたくなるくらい迷いが生じる。迷い、というよりは、途方に暮れるといった感じなのかもしれない。

もちろんボディセラピストとして生きるということは、そのもっとも大きな選択肢になり得る。
けれど、この数年、「本当にそれだけでいいのか?それで伝えていけるのか?自分の求めている世界はこの活動だけ続けるだけでは足りないのではないか?」という想いが強く出てきて、それで、DOORSというセラピストユニットを作って、「こころのドアを開く!」旅企画ツアーやイベントを運営したり、日本の素敵なゲストハウスを紹介するゲストハウスプレスという活動を行ったりしてきた。


そして今。
更にそこから先へと飛び出そうとしている、ということはわかっている。
飛び出したいという気持ちもあるし、ある程度覚悟も決まっている気がする。

けれど、そうなったとき再度ふと考えるのだ。
「私が本当にやりたいことってなんだろう?」と。


続きを読む >>
いろいろ準備中
今、準備中です。清々しい気持ちでこの場所に行くために。 

ここは、アメリカのナバホ・ネイションと呼ばれるユタ州の中にあるネイティブアメリカン自治区、モニュメントバレーを遠くに眺めることができるなーんもない場所。車もほとんど通らないここは、1994年トム・ハンクス主演のアメリカ映画「フォレスト・ガンプ」で、全米を走っていた主人公が立ち止まったという有名シーンが撮られた場所。 



まさに、ここですね。(5分30秒あたり〜)

まあとにかく、ほんとうに!なーーんもないところ。
痩せた大地に痩せた馬が時折いる程度。「駅馬車」をはじめ、西部劇映画のロケ地としても頻繁に使われていた場所。
ちょっとネガティブなことを書くと、この周辺は地下核実験などが数多くされてきた場所でもあります。アメリカ先住民の迫害された歴史とともにちょっと掘り下げて調べてみると、ただの絶景!すごい!というだけでないろんな事情もわかってきます。

がしかし。
とにかく今はここへ行くためのツアー企画のために準備しておるのであります。



7〜12人乗りのバンで巡るアメリカ中南部への旅。
セドナ&グランドサークルツアーとして、セラピスト3人ユニットで活動しているDOORSーこころのドアを開く旅。でセドナ方面へ行くツアーは3回目の開催となります。


あまり人が入った写真をUPしてませんが、ツアーメンバーが入った写真を見るとリアルさとか大きさや雰囲気などもわかるかな?

ツアーではこんなとこもよじ登ったりします。


ここがたぶんいちばんの難所。角度的にすんごいとこのように見えますが、実際は大したことはありません。行きよりも帰りのほうがちょっと滑りやすいので注意。滑りにくい「運動靴」を準備するのがコツですね。靴とアウター(防風ジャケットなど)はトレッキングでは一番重要なところ。
続きを読む >>
PHOTOBLOG