ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 怒涛の3ヶ月。 | main | ブログ引越します!タイトルも変えて再スタート! >>
新年あけましておめでとうございます!
結局ブログをリニューアルもできないまま、年越しをしてしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!一応、準備はしてたんですけど、間に合わなかった・・・。

今年、2016年は、去年のうちに動かしたり休憩させたりしていたさまざまなことを、再度見直して、そして本格稼働させていく年だと思っている。そういう意味では2015年の変化というのは、今年以降の準備体操みたいなものなんだろうな。


これは去年の1月の富士山ですが・・・

でも、この準備体操のおそろしい?ところは、「何のために準備体操しているか、本人もいまいちゴールと目標がわかっていない」というところ。
よりよき未来に、ということは間違いないし、そのために動いているのだけれど、結果何が起こるのがベストなのか?どういう結末が待っているのか?に関しては、本当に私自身よくわかっていないのだ。

高知に拠点をつくることになったけれど、絶対ここに住みたい!とか移住する!!と決めたわけじゃなかった。もちろん好きな場所ではあるけれど、ちょっと遠いかな〜と思って、むしろ自分としては別の場所に住みたいと思って、水面下で動いていた。

でも結果的にはその別の場所のプランはことごとくうまくいかず、結果的に土佐山に行くことになった。そして、そのことが理由のひとつになったのかもしれないけれど、東京ー高知の真ん中拠点として、実家がある大阪にも結果的にUターンのようなかたちで拠点をつくることになり。さらに「もう手放すぞ!」と思っていた、秋谷の海辺の一軒家は、友人とのシェアで残すことになり、モアナブルーのボディセラピーサロン営業も、形態を変えてちょっと休憩するものの、続けることになった。



思った通りには、計画通りにも全然いっていない。
でも、きっと、これがベストなんだろう、そう思う。

だからこの先、どういう流れがやってきて、何をどうするか?どうなるか?未来が予想できなくても、きっとよきことが起こるんだ、ますますそう信じる力がついた気がする。

今年のお正月は、実家の家族とゆっくり過ごした。
いつもここのところは帰省ラッシュを避けてお正月前か、元旦を過ぎてから帰っていたので、年越しを実家で紅白観て過ごすなんて本当に久しぶり。少し前からDIY改造していた部屋で、ひとりブログを書いていると、なんだか不思議な気分になる。



高知・大阪・神奈川。
山と都会と海、ガチな里山と、街のど真ん中と、ほどよいイナカの海辺。それぞれまったく違う環境で、毎月これらを行き来し続けたら、いったいどんな気持ちになるのか?人体実験のような気持ちで今はいる。

去年後半からスタートしているこの環境、意外と思ったよりも全ての場所でなじんでいるというか、それほど違和感はない。更にこれにゲストハウスに泊まったりして旅に出ていることも多いから、落ち着かないんじゃないか?と思われるかもしれないけど、ホントにそーでもないのが自分でも不思議。

ということで、今少しずつニューBlogの準備をしつつ、動いておりますので、今しばらくこちらのブログでお楽しみくださいませー(って全然更新してないんだが(笑))

COMMENT









PHOTOBLOG