ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 移住というより多拠点居住。 | main | 怒涛の3ヶ月。 >>
初めての高知・中山間地域、土佐山の日々〜出発編

高知・土佐山にて行われた中山間地域起業家養成プログラムEDGECAMP2015、第一回目の3日間が終わった。あっという間に終わった感もあるけど、あれやこれやと動きまわり、感じて、頭を捻り、もう10日ぐらいは滞在しているような濃密な時間感覚だった。


土佐山は平地がほとんどないのです!

9月末より第1回目がスタートした土佐山アカデミー主催EDGECAMP。第1回講義がスタートする前日に高知入りすることに。


焦りまくった高知出発の朝

JALのマイレージ特典航空券を使った高知行きの便。出発前日興奮してか?あまりよく眠れず、大した準備もできないまま就寝し、ふと朝になっているのに気づいて時計を見ると、なんとそこに表示されていたのは、7:25。それは出発しようとしていた時間!

ヤバイ!絶対遅れちゃいけない!ということで、慌てふためきつつとにかく化粧もせず15分で準備をし、もし万が一間に合わなかったときのリスクヘッジを飛び乗ったバスの中でぐるぐると考えつつ駅へ。なんとかギリギリ間に合う電車に乗れ、ほっと一息・・・。最初からギリギリな幕開けになってしまった。



高知龍馬空港へ


東京から高知行きの飛行機の飛行時間は1時間15分程度。あまり大阪行きと変わらない。高知龍馬空港に到着したのは午後1時30分頃。なんでも龍馬をつけるそのネーミングセンスはいいのか悪いのか・・・(笑)とにかくその後リムジンバスへまずは高知駅へ。

高知県には何度か行ったことがあるけれど、室戸あたりのことが多く、高知市内の記憶はほぼない状態で桂浜に行ったかな〜?という程度。いつも旅をするときはそれなりに事前準備というか、下調べを少しはするのだけれど、今回はEDGECAMP参加が決まってから約1ヶ月、今の家をどうするか?とか別の拠点をどうするか?サロンどうする?とか、他に考えることがいっぱいあり、高知市内や土佐山のことについて調べているひまがなかった。


リムジンバスで約40分、高知駅到着。ちょっと遠い?高知駅前は思ってたよりは大きいターミナル駅かな、というところ。「高知家」というネーミングで観光客誘致のキャンペーンをやっていて、真新しい観光案内所や龍馬がゆくの体験ミュージアムみたいなのもあった。


やたら歩道が広い高知駅前正面

高知市街から土佐山地区までのバスは1日5,6本程度。朝と夕方が多く昼間は少ない。16時台のバスで行くことにしていたので、3時間ちょっと時間があった。確かひろめ市場というのがいいと小耳に挟んでいたので、目の前を走る市電に乗ってその場所らしきところへと向かってみることにした。


ひろめ市場は屋台村×公設市場っぽくておもしろい


ひろめ市場は、なんというか屋台村みたいなところで、昼間からビールをぐびぐびいける風、あちょっとアジアな雰囲気もある場所だった。そこで一番人気と思われる、藁焼き鰹たたきの店で、藁焼き鰹たたきの塩ダレ+ごはん+味噌汁のセットを頼む。ハバノリ?の天ぷらもトッピングで。


ひろめ市場のワイガヤな雰囲気はGOOD!

生にんにくたっぷりの藁焼きしたカツオの塩タタキはそりゃあ美味しいにきまっている。



いよいよバスで土佐山へ


ランチ後、ブラブラと市街で一番の商店街っぽいところを視察を兼ねて歩きながら駅へ。
土佐山行きのバスは高知駅北口の大きなバスターミナルではなく、 駅からちょっと離れた道端にポツリとあって、教えてもらってなければ絶対気づかないだろう!!!というトリッキーな場所にあった。

トリッキーなバス停。

どきどきしつつも定刻近くにちゃんとバスは到着し、最終目的地土佐山へ。
途中、「マジ!?こんな狭い場所バスが通るの??」という道を何度も通り、土佐山庁舎前に到着した。

30分程度市街地から離れた場所なのに、何ですかこの山奥感は!と言いたくなるほどものすごい山の中。しかもバス停を降りたら誰かが待っててくれてると思っていたら、誰もいない(笑)

不安になったところでようやく土佐山アカデミーのスタッフわかなさんが登場し、ホッとする。そしてこれから半年間お世話になるシェアハウスを案内してもらうことになった。


次回シェアハウス編につづく〜

COMMENT









PHOTOBLOG