ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スリランカより帰国! | main | myインドカレーライフ >>
アーユルヴェーダ効果?
スリランカから帰国してちょうど1週間が過ぎた。
2週間ちょっとの旅では、もう帰ってきたらだいたい次の日くらいから思いっきり日常生活に戻るし、外国にいたなんてだい〜ぶ前のようにも思える。

けれど、「こういうことは前はなかったな〜」っていうことも同時に感じるようになってきた。それはスリランカに行く前から少しずつ始まっていたことではあるけれど、顕著になってきたというか。

何が変わってきたか?いろいろあるのだけれど、
特に思うのは、掃除が好きになってきた、ということ。

5月に思いっきり体調を悪くする少し前から、断捨離だのときめき片付けだの、とにかくものを整理して減らす、ということに取り組みつつあった。今もそれは途中で、まだまだ先は長いのだけれど、その過程で、キッチンまわりと洋服に関しては、「今ときめくものだけ!」の状態になった。

その状態になるとリバウンド(=すぐに元通りに戻ってしまう)しないって本には書かれてあったのだけど、本気で思いっきりそれを実行してみたら、確かにその周りだけは整理をしたくなるというか、とにかくグチャグチャになったりすることがなくなった。

それと何がアーユルヴェーダと関係あるのですか!!
と詰め寄られそうだけれども(笑)、私はこれは結構関係あるなあって思ったのだ。



整理整頓して、「ときめく」ものだけに囲まれる、ということは、今の自分に合ったエネルギーに囲まれて過ごす、ということに他ならない。そしてそのエネルギーは強力で、しかも心地良いものだから、そこを崩すようなことは自然としなくなる。

アーユルヴェーダに行った一番の効果は、自分のエネルギーレベルが整ったことだと私は思っている。錆びついたりヘドロみたいになった老廃物や古いエネルギーを、毎日毎日オイルたっぷり塗られてマッサージされて落とし、さらにハーブ薬で胃腸や内臓を調整しデトックスする。
さらに私は最後にアーユルヴェーダドクターによるオーラ・ヒーリングのセッションも受けたのだ。


そうすることによって、自分に不要なものーそれはエネルギーレベルのものもそうだし、実際の腸内のクレンジングも含まれるーが削ぎ落とされ、更に弱っている場所が元に戻り、チャクラバランスが整えられる。

そういった変化は本当に微細で、見た目にはほとんどわからず、(多少お肌のキメが細かくなったとか、ちょっと痩せたとか)ささやかな変化に過ぎない。けれど、なんとなく今までだったら「面倒だから後でやろう〜」って後回しにしていたようなことをちゃんとその場でやれるようになったり、掃除もその一環で、その場をクリアにすると「場のエネルギーが整って気持ちいい!」と以前よりもさらに思えるようになったのだ。そういった微細なエネルギー、その場の気を以前より感じやすくなったというのもあるかもしれない。


そしてもうひとつ。帰国後特に気をつけているのが、胃腸と食欲のこと。
少し前から糖質制限的な食べ方をしていて、お米、小麦粉、砂糖系のものを極力減らし気味にしてはいたのだけれど、スリランカではそれを解除、フツーに食べていた。

ただ、アーユルヴェーダ施設では、肉・魚類はチキンと白身魚が週に3,4回出る程度で、ほとんどが野菜か豆のカレーや炒めもの、スープ、サラダなど。お米もパン(全粒粉のもの)は毎日あったけど、少なめに摂るようにしていて、それがちょうどよかったから、帰ってきても近い生活をするように心がけている。

つまり、毎日自分の胃腸に「今、何が必要か?食べたいのかそうでもないのか?」を聴くようにして、多く食べ過ぎず、野菜はモリモリにカレーにして摂る、という生活になった。
そうするとカラダが何を欲しているか、以前よりわかるようになってきた。

こないだ、ちょっと多いかなー?と思いつつ、お寿司をスーパーで買ってきて食べたら、とたんに眠くなって爆睡してしまったり、以前よりからだが食べたものに反応しやすく、私自身もそれに気づきやすくなった。


アーユルヴェーダは、施術だけではなく、自分の体質に合った食べ物を摂るというのも大事にしているので、その後もキープまではいかないまでも、意識をしているので、帰国後1週間経った今も、その効果が継続しているのかなーという風に思う。

他にももちろんいろんな気づきがあった旅だったけど、今ふとメモしておこうと思ったので書いてみた次第。

COMMENT









PHOTOBLOG