ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 花の季節がはじまった。 | main | 突然決めたスリランカへの旅立ち。 >>
部屋の乱れはこころの乱れ?
少しまとまった時間が取れそうなので、フラリと旅にでも出ようかと突発的発作のように行き先プランを考えていたのだけれど、そういうときこそこころの内側を見つめるとき、という声もなんとなく聞こえてきたので、ずっと放置していた洋服の衣替えと断捨離と、それにあわせて部屋のインテリアの変更をすることにした。なかなか重い腰が上がらなかったけど、図書館で最近良く出ているオシャレ女子DIYな本を借りてきて読んでるうちに、やっぱりやらねば〜という気になった。


こんまりさんの「ときめく片付け」本でも書かれているけれど、自分が好きなもの以外のものを近くに置いていると、そこからエネルギーが漏れてしまう、みたいなことがある。

今日、どうしても気になってしまったのが、もう15年以上使っている無印良品のスチールユニットシェルフという棚。今もバージョンを変えて商品として残っているロングライフな棚のユニットで、以前はガッツリ3連結ユニットとして使用し、その後引っ越しの度にいろいろなかたちに変えながら、使い続けてきた。

その商品自体が不満ということは今でもないのだけれど。


けれど、なんとなくその棚を見ていると、「そろそろこれは不要かも」という気がしてきた。
もったいない、まだ使えるし、という心の声も聞こえてくるけれど、今となってはブナっぽい木の色がちょっと今風じゃないし、奥行きと高さがありすぎて、圧迫感もある。

とりあえず、分解してみることにした。


分解して、棚板を外し、ホコリがついていた床板をきれいに雑巾がけする。
そして、窓を大きく開けて、空気を入れ替える。

こういう作業がたぶんとても大事なんだろう。
風水というのは、風と水がうまく通るようにするということで、部屋のクリアリングがとても大事なのだが、どうもこの棚は長年使っていろんなものが溜まって、エネルギーも淀んでしまっていたに違いない。


ここのところ、自分の人生がどういう方向に向かっているのか?ということをずっと考えている。今までボディセラピストとして過ごしてきた10年と、それを続けながら次のアクションへと模索し続けたここ数年。未だにハッキリした答えはない。

けれど、部屋の掃除と片付けをしながらひとつ気づいたことがある。
それは、まさに今の私の家と同じ。
「モノがありすぎて、整理できてない」ということ。

要するに、やりたいことが何なのか?心の中もあっちこっち飛びまくって、整理整頓できてない。いろんなモノが増えすぎて、何を持っているのかすらわからないような状態。


今、目標としては、自分の持っているものを半減させるつもりで、バッサバッサいろんなものを処分しようとしている。まあ半減まではなかなか厳しいかもだけど、でもなるべく少なく、見える範囲のものだけ、管理できることだけ、きちんと整理する。

今までも毎回大掃除する度にスッキリクリアに!を目標としてきたけれど、今回は更にそれより進んで、タブーゾーンのないように変えていけたらいいな。

 

今回の整理で今までのDIY加工で余っていたOSB合板の使い道を考えついた。
出来上がったらこちらで紹介してみようかな!
最近家をまるごとDIY改造とかやりたくてしょうがない(笑)んだけれども、とりあえずまずは自分の家で(賃貸)原状回復(たぶん)出来る範囲で、トライするつもり。それもできるだけモノを買わずに、あるもので工夫しながら。



COMMENT









PHOTOBLOG