ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ストレスフリーな生活 ーGTDの一歩進んだ考え方 | main | チャクラの本を久しぶりに読んでみる。 >>
2015年春、ゲストハウスプレスの活動を考える。
私がやってるいくつかの活動のうちのひとつ、全国のイケてるゲストハウスに突撃取材して記事にして公開しているゲストハウスプレスの活動。

自分の大きな活動の柱、モアナブルーのボディセラピストとしての仕事を続けながら、毎月のように地味〜に旅して、お話聞かせてもらって、記事にしてフリーペーパーとして2ヶ月に一回発行する。そのサイクルを回すので精一杯だった2014年。

最初はもっとWebもガンガン連載する!っていう意気込みだったけど、フリーペーパーをやり続けることにフォーカスした結果、Webは一番おざなりになってしまい、本来ならフリーペーパーのインタビューの続きはサイトで!にするつもりだったのが、完全に周回遅れもいいとこになっている。


ただ、自分が今までいろいろ「お金にならないけど、やってみたかった」という活動にいろいろクビを突っ込んだ結果、とにかく何かを続けるためには

金銭的にも労力的、エネルギー的にも「無理なく楽しく」やれる範囲で関わるのが大事

ということを悟ったので、自分としては、去年は余裕がそこまでなくて、Webの更新がままならなかったこと、続ける仕組みづくりに取り掛かれなかったことは、「まあそれでもよし」ということにしている。

実は今週末の日曜日、チラリとゲストハウスプレス編集長として新聞(朝日新聞中京地区・日曜版)にコメントなど載せていただくことになり、急遽えっちらほっちらWebの改修にいそしんでいる。今年はフリーペーパーのほうは少しずつ慣れてきて、10号まで発行できそうなので、その慣れた余力で、Webのほうを少しずつ充実させていくことにした。


あれやこれや、やりたいこと、やってみたいこと、お金になるとかならないとか、選択肢は山ほどあって、自分の生き方もどういうかたちが一番ベストなのか?常に考え続ける。
毎日、考えが揺れ動いて、アレやろうこれやろう、いや、やっぱりこっちがいいかも、いやいやしかしこちらも大事だし、と春の嵐のような気まぐれっぷり。

でもその揺れすらも、きっと大事なプロセスであるとは感じているし、そうして試行錯誤する中に、薄らぼんやりその先の道のようなものが、ぬかるみのなかから出てくるのだろう。

とにかくひとつひとつ、やれることをやる。それに尽きる。

このブログは、ほんの息抜きで、これからあとまだまだ、原稿を書くということが残っている。ずっとやってみたかったことなのに、いざ原稿となると、未だにビビる自分がいる。
きっとその中には「よく思われたい」「何この文章、つまらん」とか思われたくない!というような他者からの評価に対する怖れがあるのだろう。けれど、そんな感情すら飼いならして、淡々と作業とやることを進めることが大事。

なかなか進まない作業と、断捨離しようと冬服を引っ張りだして、衣替えする途中で放置されたカオスな部屋の中で、そんなことを思う。

てなわけで、ゲストハウスプレスWebサイト、少しずーつ改変中です。連載インタビューもぼちぼちまた更新していきますので、よろしければ見てくださいませ☆

COMMENT









PHOTOBLOG