ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 気分が乗らないときどうリカバリーするか? | main | 2015年春、ゲストハウスプレスの活動を考える。 >>
ストレスフリーな生活 ーGTDの一歩進んだ考え方
ここ2日間はこのブログを更新することはできなかったけれど、ここのところ毎日何かしらの原稿を書き、いろいろ滞っていたプロジェクトを進めたり、ページを更新したりしている。

ずっとずっと「やろうやろう」と思いながら、全然進んでいなかったことが進み始めた。自分の心の中で引っかかっていることが、ひとつひとつクリアになって進んでいくと、こんなにも気分がスッキリするものなのか、と、今非常に驚きと清々しさが私を覆っている。



以前読んだ本で、めちゃめちゃ感動して今も時折バイブルのように読んでいる、タスク管理と人生のタスク管理?の本、『ストレスフリーの仕事術』にそのことが詳しく書いてある。


ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン 田口 元

二見書房 2006-05-18
売り上げランキング : 12543

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は、いっときGTD(Getting Things Done)という仕事管理術が流行った?頃、その先駆けとして発売された本で、GTDに関しての記述はこれよりも、『はじめてのGTDーストレスフリーの整理術』のほうが断然詳しく書いてある。

参考:はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術


けれど、わたしにとっては、この本に書かれてあることは、「仕事」の整理だけでなく、自分の「人生」の優先順位をどう決めたらいい?という疑問に真っ向から対峙し、アメリカ人らしいユーモアを交えて紹介しているので、仕事というよりも、自分の行動の選択順位を決めるときの指針としているほどだ。

そこに書かれている哲学のうち、私が特に「そうだ!」と思うこと。それはGTDの基本的な考え方で、この本でも言われていることだけれども、私なりに説明すると

「頭の中に●●しなければ」という項目があればあるほど、何をやればいいかわからなくなる。
さらには、何が優先順位かわからなくなるので、潜在意識下で混乱し自分のエネルギーをじわじわと虫食い、弱らせてしまう。
  ↓
頭の中のごちゃごちゃした考えを考えつくだけ「全部」紙やメモに書いて外に出す
  ↓
頭の中の潜在意識の中にある面倒な「あれもこれも覚えておかなくちゃ」という記憶が、「もう覚えてなくていいのだ!」と理解することで、脳のストレスが減り、タスクもどんどん進む


というもの。
全部やることを外に出してクリアにしていけば、脳の見えないストレスが減る、というのは本当にそうで、これが続けばいろんな自分を邪魔する考えや思いに囚われることなく、仕事も人生も進んでいく。

ただ、ずいぶん長くこの考え方を知っているけれど、とにかくこれは「毎日」最低でも「毎週」その人生のリストを見なおして、毎回アップデートすることが大事なんだけど、それがとてつもなく難しいのだ。

著者のデビット・アレンさん曰く、とにかく「終わった!」「キレイになってスッキリした!」という感覚を体感しまくることが大事ということなので、やっぱり最後は意識+からだの感覚なんだなと思う。


そんなわけで、GTDの不完全実行者である私だけれど、ここ一週間ほどは、自分の中の「時間があればやりたいよね」的なタスクをひとつずつクリアしていったので、非常に気分がよく、このまま更にリストをアップデートし続けていけば、今年はだいぶイケるんじゃないか?(笑)と妄想中。

最近やっている仕事は、サイトの制作・プロデュース仕事と、自分のライフワーク仕事であるゲストハウスプレスの体制の見直し。

こころのドアを開く旅。ーDOORS
http://doorstravel.com

これのリニューアルが終わり、新体制に移行。4月12日のイベント
http://doorstour2015.peatix.com

の準備やなにやら。


そして、ずーっとやりたいのに後回し、になっていて心のササクレになりかけていた、ゲストハウスプレスの仕事のうち、手が付けられていなかった部分にようやく着手した。
http://guesthousepress.jp

やはりササクレはちゃんと補修しないといかん。
何を優先順位にするべきか? 少しずつ収集・整理・選別して、決めていくこと。

私のように、仕事の種類がいくつもあって、何を軸に生きていくか?ということを考えて生きていく人って、これからもっと増えていく。
会社にとらわれない働き方、生業をいくつも持つ働き方。

それは、自由な生き方のように見えて、極めて自分の決断が重要になる、今まで何も考えずに生きてきた大多数の人にとっては結構キツイ生き方でもある。

そうしたとき、スピリチュアリティ(からだとこころ、たましい)を重要視した考え方のみならず、脳科学や仕事管理術的な要素も駆使して、バランスをとって生きていく術が今までよりも更に重要な能力になってくるのだと思う。

このブログでは、今まで私が役立ったなーとか、読んでよかったな〜と思った本などもこれからはもう少し頻繁に紹介していこうかな!と今のところ、考え中(笑)。


COMMENT









PHOTOBLOG