ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本当にやりたいことって? | main | ゲストハウス開業合宿セミナー@岡山で会いましょう >>
募集開始!2015DOORSセドナ&グランドサークルツアー
先日、絶賛準備中と書いたツアーのサイト制作が終了し、
ようやく特設サイト公開&参加者募集を開始しました!

2015 DOORS セドナ&グランドサークルツアー

さっそくおひとり様、お申込みをしてくださった方もいて、なんともありがたい限り。何度かDOORSのツアーに参加されたことのあるスーパーリピーターのお客様ですが、それって「すごくよかった!また行きたい!」っていうことですから、本当にうれしいし、励みにもなります。

 

2012年11月 1回目のセドナ&グランドサークルツアー Photo by Tak.S Itomi

今回、ドアーズのサイトもリニューアルすることになり、その関係もあって、別サイトというかたちでツアー告知を行った。ちょっと今のトレンドを押さえたカッコイイ系のサイトにしてみたんだけど、どうだろうか?一応、ドアーズメンバーからは評判が良いけど、よかったらこっそり感想を聞かせてもらえるとうれしいです。


今回のセドナ&グランドサークルツアー、本当はやるつもりはなかったのですよ。来年は忙しくなりそうだし、まあバタバタしてるし2年後ぐらいかしら?みたいなことを言っていたりして。

それが何故か急にふと「今ツアーやるのいいかも。でないと今後がないかも?」と思ってしまい、急遽ひろかっちに相談、彼女も「えええっ」とビビりつつも、「確かにそうかも」と、実現に前向きになり、いつもお世話になっているLAーPanアドベンチャーズに相談したところ、今までよりも更にスケールアップしたなんとも壮大なプランを提示いただき、「これはなんとしても実現させたいよね!となった次第。


どんな壮大さかというと、実質9日間の滞在時間の中で移動する総走行距離がなんと1900kmあまり。どれだけ距離があるのかピンとこない人も多いだろうから書くけれど、確か本州の端から端まで1800kmくらいではなかったか?というくらいのスケール。



しかも、だからといって全部毎日クルマの中で移動移動!というわけではなく、セドナとモニュメントバレーの二箇所で連泊もするという、なんとも贅沢なプランスケジュールなわけで。
 

 
パワースポット・セドナの4大ボルテックスのひとつ カセドラルロック
 
ここにはトレッキングで左側の切れ目みたいになってるところまで、約1時間ほどかけて上っていきます。

 
Photo by Tak.S Itomi
 
カセドラルロックを裏側?から見たところ。レッドロッククロッシングと呼ばれる川が流れているところ。男性性と女性性のバランスをとる、という場所だそうで、地元の人がこの川原で結婚式を上げたりもするそう。


 

こちらは四股を踏んでるわけではありません(笑)
 
朝イチでエアポートメサと呼ばれるパワースポットに上り、そこでひろかっちがインストラクターとして活動している「自力整体」をやっているところ。
 
 
途中で太陽が上ってきて、その光と暖かさを感じる。
みんなほんとうに気持ちよさそう〜&よい顔をしていますね!

 
こちらも4大ボルテックスのひとつ、ベルロック。
このうえに出っ張ってるあたりまでは上ることができます。
 
 
とうちゃ〜く!
超絶景!! 気持ちいい空間! 
 
上ったあとは、その場所のエネルギーを感じ尽くすまでのんびり。
 
あまり時間に細かくとらわれず、その時の雰囲気を見ながら、行き先や所要時間をフレキシブルに変えるのもDOORSの旅の特徴なのです。

 
今回の旅では、モニュメントバレーにも行きます。
セドナからだと、おそらく車でガンガン飛ばしても5時間くらいはかかるかな?
 
延々走って、そろそろもう飽きたよ・・ってときに見えてくるこの岩。

「あ、あれがモニュメントバレー!?」
「違います」

という会話が繰り広げられつづけます(笑)
 
 
そしてようやく、本当のモニュメントバレーが見えてきます。
今回の旅では、みなさんアメリカは広い!と実感しまくるはず。
 

日中ももちろんよいですが、サンセット・サンライズの時間はどこでも更に5割増しでその魅力が浮き出されてきます。一緒に旅をナビゲーションしてくれるラパン・アドベンチャーズのTAKは写真家なので、「ここを撮るにはいつがよい」とか「どこがよいポジションか?」を熟知していて、その時間にあわせて到着時間や出発時間を計算してくれています。

Photo by Tak.S Itomi


夕日に染まるモニュメントバレー。う〜ん幻想的。

Photo by Tak.S Itomi

今回はこのモニュメントバレーに2泊するので、希望者はその大地を馬で駆ける!というような体験もできます。ホテル内でのんびりしながら、窓の外の絶景を見続けるのもよいですし、まあとにかくここは別世界。


通常のツアーではなかなかいかない(ホテルからもまた遠い)フォレスト・ガンプポイントにも立ち寄れる・・かな?今回はどうなるかわかりませんが、とにかく誰も通らないまっすぐな道があちこち延々と続いています。

2012年のツアー仲間たち。

モニュメントバレーを後にして、進路は南へ。2日間かけて、ホワイトサンズ国立公園へと向かいます。

途中で立ち寄り、宿泊するニューメキシコ州の小さな町サンタフェ。
宮沢りえちゃんの写真集で有名な・・・という言葉で反応する人は、間違いなく昭和な人ですね!(笑)

Photo by Tak.S Itomi

サンタフェは全米でNYに次いで2番目か3番目にアートギャラリーが多い町だそうで、あちこちにアドビ建築と呼ばれるスペイン風の建築が残されたコジャレた場所だそう。

そして、2日かけて辿り着くのがここです!
今回の旅のクライマックス!じゃーん!


Photo by Tak.S Itomi 

ホワイトサンズ国立公園です!
真っ白な砂漠。うーーん美しいっっっっ

ここもサンセットの時間、サンライズの時間を押さえてあります。
そうした斜めからの光を浴びた白い砂は全部ピンク色に染まってそれはそれは美しいそう・・・。 ここで少しお散歩というかトレッキングもする時間もあります。

そんなこんなでラスベガスから最終的にはエルパソという、テキサス州の町にて解散。
走行距離約1900km!の壮大な旅。


2013年 セドナ&グランドサークルツアーの仲間たち


旅には人生を変える力がある。

そうわたしは信じています。
今まで見たことのない景色、会ったことがなかったタイプの人たちと出会う旅で、自分の「価値観」というものが、よい意味でひっくり返される体験。

人の価値観って、みーんな人によって全然違うということ、そして「別にそれでいいんだよね」って気づくことが出来るのも、いろんな価値観と楽しい時間を過ごすDOORSの旅企画ならではの体験じゃないかな、と自負しています。

というわけで、早期割引が適応される一次締切は12月30日!
いろいろ仕事のこと、プライベートのこと、諸々是非調整していただき、限定8名のこの狭き門(*^^*)をくぐり抜けて、新しい世界を一緒につくりあげていきましょう〜



2015 DOORS セドナ&グランドサークルツアー

一緒に旅ができる日を、楽しみにしています。

JUGEMテーマ:アメリカ
COMMENT









PHOTOBLOG