ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あとたぶんもう少し。 | main | 3月、弥生。 >>
チリも積もれば…ドアーズ2周年。
先週の日曜日、2月17日に、ドアーズ2周年記念!ポットラックパーティーと題して、うちで一品持ち寄りのカジュアルパーティーを開催した。ドアーズとは、わたしがちょうど2年前の2月に、セラピスト仲間のひろかっち、うーみんと3人で、私が先頭を切って半ば強引に立ち上げたゆる〜いユニットのような組織。

「こころのドアを開く旅」と称して、癒しっていうよりは、もっと強い意志を持って「人生を楽しむ!」「ワクワクした気持ちで生きる!」と決意し、変えていく旅(ツアー)や、そのための気力・体力づくりのための、ヨーガや自力整体、ピクニックイベントを行っている。


震災の影響や、メンバーの家族の事情もあったけれど、ちょうど震災前にサイトを立ち上げていたこともあり、なんだかんだで「絶対にやる!」と決めて、しつこく楽しいイベントを開催し続けていたこの2年。

計算してみると、ツアー開催は長野県戸隠ツアーを中心に海外ツアー2回を含む15回、参加者44名、その他1日イベントやヨーガなどのからだイベントを含めると、延べ256名の方がドアーズと関わってくださった。こうやって改めて振り返ってみると、まあまあ結構がんばってるんじゃないの?と、自分たちを褒めてあげてもよいような(笑)。

というわけで、そんな2周年をぱあ〜っと祝うという名目で、パーティをやることに。

持ち寄ったごちそうを前にかんぱーい!

Facebookイベントでお誘いしたら、なんだかんだでワラワラと集まってきて、当日はわたしと主催者ひろかを入れると14人が参加する賑やかなパーティとなった。

今回うちでパーティを開催するにあたって、施術するサロンスペースを開放してアレンジしたら、結構あとまだ2人くらいは座れるなっていう位の広さがあることが今回わかった。今までは、冬場はうちが狭いからあまりパーティの類はやってなかったんだけど、(春〜秋は、玄関前にアウトドアスペースがある)意外とイケる\(^o^)/。

私はお得意のダッチオーブンでのサムゲタンを用意。何故かチキン率が高い1品持ち寄りとなったのは何か意味があるのかしら?(笑)他にもボルシチあり、インドカレーあり、白和えあり、デザートも盛りだくさん、国際色とバラエティ豊かな食卓になった。ポットラックはその日まで何が出てくるか主催者にもわからないので、ドキドキなんだけど、それもまた面白いスパイスなんだよね。



更に今回は、2012年秋に行ったアメリカセドナ&グランドサークル・ツアーのメンバーが多く集まったこともあり、ロサンゼルスにいるLa-Panアドベンチャーズの2人&アシスタントをしてくれたKIMONO SUEHIROの健太郎さんと、Skypeを使った3元中継をしようと企んでみた。写真のスライドショーも前日にサクッとiPhotoで作って、壁面のプロジェクターで大画面上映しようと、いつもは別の部屋に設置してるスクリーンも持ちだして。

ロサンゼルスの芦刈さ〜ん!(日テレズームイン風に)

これがまた楽しいんだわ!
大画面だからみんなが画面を見られるし、ノートパソコンで繋ぐとカメラも動かせるので、みんなの表情や声も拾えるし。



こんな動画や、流れでDOORSを作るきっかけになった最初のセドナの旅で制作した30分位あるセドナDVDも上映することになって、気がつけば外が暗くなっていたのに一同ビックリ。


パーティの途中でみんなでぞろぞろ歩いて海岸へも。
参加してくださった方のうちのおひとりが、法螺貝を吹ける人だったので、是非吹いて欲しい!!とお願いして、(近所とはいえわざわざ家に取りに帰ってもらったw)法螺貝を吹いてもらう。

海で一度貝を清めて、そして・・・

法螺を吹く女

みんなその音の響き、大きさ、伝わる震動にビックリ、感動!
ご好意で、みんなで試し吹きさせてもらえることに。
なかなか普通は音がでないものなんだけど、そこにいたみんなは素直な感性を持っている人が多かったからか、半分以上の人が、それっぽい音が出た。スゴイ!

以前、私が法螺貝ワークショップに出たときに、めっちゃ感動して、コレはスゴイ!!エネルギーを通すツールとしても凄い可能性を持っている!!!とひろかっちにその衝撃を伝えたのだけれど、彼女は「あのときのゆうこりんが言ってたことが、やっとわかった!!!ゴメンちゃんと聞いてたつもりだったけど、わかってなかった。若干引き気味に聞いてたかも(笑)」と。

富士山の見える海岸で法螺貝談義をしながらワインで乾杯(^^)

そんなわけで、思いがけない事が起こるドアーズらしい、楽しくて美味しいパーティとなった。明日2月22日がドアーズオープン記念日。まる2年。特に会社組織にしているわけでもないし、今後もいまのところその予定はないけれど、でも、これからも「楽しい!」だけじゃなくて、「こころのドアを開く」キッカケになるような、でも真面目に机に向かってやるんじゃなくて、外に出て、旅に出て、からだを動かしていくツアーやイベントを、やり続けようと思う。

そんな3年目スタートの最初のツアーが、春分の日をゴールに持って来た「自分を変える」ことに焦点を当てた ひろか&うーみんの戸隠&皆神スピリチュアルワーク3Days。
今までやってきたツアーで、ドアーズらしさとは何か?ひろか&うーみんの2人の凄腕ヒーラーがみんなに一番貢献できることは何か?ということを考えて企画したツアー。

私は、このツアーサイト紹介文や構成を一緒に考えた。今までとは違うんだ、もっとバージョンアップしてるんだ、それをサイトを通してどうやってみんなに伝えたらいいか?このツアーの売りは何か?何がどう変わるのか?徹底的に話し合い、2日以上延々とたった2ページのこの案内ページについてケンケンガクガク言い合って出来上がったのが、これ。


ひろか&うーみんワンダーツア−2013春分 戸隠&皆神スピリチュアルワーク3Days

いや〜大変だった!
伝えたいことを、伝えたい人に、伝わるような言葉で綴ること。
スピリチュアルって何じゃらほい?あやしくないの?ヒーリングて何さ?って思ってる人にも、「自分をもっとよくしたい」って思ってる人みんなに届く言葉で伝えたい。
まだまだ試行錯誤は続くけど、とりあえず、自分で読んでみて「これは行ってみたい!」と思えるレベルのページにはなったかな〜と・・・。まだまだ勉強だけど!


3年目以降、ドアーズがどんな風にどう変わっていくかはわからない。
けれどますます、この試みが面白いものになっているなあと思うのは事実。

そして、今までサロンを始めてから5年ほどは、ひとりきりで孤独に細々とビジネスをしてきた私にとっては、ドアーズの仲間2人の存在は、ビジネスパートナーというよりは、ほんとうに自分のキツイときや凹みそうになったときに支えてくれる、精神的な支えにもなっている。そういう仲間がいるって本当に大事だなって思う。

3人とも本業が別にあって、今後もそれは変わらないから、これからもコツコツと、少しずつ
このドアーズの旅やサイトの形をより良くしながら、続けていこうと思う。

というわけで、これからもDOORSーこころのドアを開く旅。をどうぞよろしくお願いします!! そして春分戸隠ツアー、気になる人は是非行くべし!絶対いいことあるよ!!\(^o^)/(ホントに戸隠の「扉を開く」パワーはすごくって、私もこのツアーではないけど、来月行くんだよ!ヒーラー2人のサポートがあるから、1人じゃ切り開けない人でも絶対なんとかなる、気がする!!)


COMMENT









PHOTOBLOG