ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 抑圧された感情の行方(これまた長文になってしまった) | main | 旅も半ばを過ぎて。 >>
チェンマイ入り。そしてチネイザンの衝撃。
昨日から旅立ち、台北ーバンコク経由で今朝チェンマイに到着した。
チェンマイでは、チネイザンという内臓デトックスマッサージを学ぶのがメインの目的なのだけれども、学びよりもたぶんもっと必要なのが、自分自身の解毒・・・。

たまたま年末年始から、ずっと過去の重い蓋をして隠していた記憶やテーマを、がっつり掘り起こして解放する、ということが起こっている・・・というか、自分でそれを自発的にやりにいっている部分もあるので、そのタイミングもあって、内臓に溜まった感情やその他不要なエネルギーを解放するというチネイザンを、自分自身が施術を受けるのも楽しみにしていた。



朝10時前には予約していたちょっぴり高級なゲストハウスに到着し、荷物を置いてあたりをブラブラする。朝はまだそんなに暑くなくて、長袖一枚着ててもまあ大丈夫なレベル。日本との気温の差にまだついていってない感覚もあるし、タイも台北の空港もエアコン効いてるとこは寒いくらいなので、その落差もからだにとっては混乱のもとなのかもしれない。

前回チェンマイにきたのは2011年の秋。ちょうど洪水騒ぎのあったころで、チェンマイではもうその洪水被害は終わって笑い話になってた感じだったけど、まだ少し雨が多いのは残っていて、毎日曇り空か、やや雨が降るような天候で、カラッと晴れた記憶がなかった。

今回は、今のところ(ってまだ今日一日だけど)暑すぎず(最高気温31℃最低18℃程度)涼しすぎず、晴れた青空も見えてかなり快適。日本がすっかり冬過ぎて、刺されるまで忘れてたけど、蚊もちゃんといる。(かゆみ止めとか持って来るの忘れたよ)

今回お世話になるタナチャイ先生のところのチネイザンスクールでは、不思議なご縁で、ちょうど今、フリーダイビング関連のお友達がそのスクールで生徒兼お手伝いをしているということもあり、チネイザンをチェンマイで教えている人やスクールは他にもあといくつかあるらしいのだけれど、とにかくそのご縁はスゴイな、と思って比較検討もせずに、そこで学ぶことに決めたのだった。



・・・このあと、結局おもとだちのナミちゃんの内臓デトックスマッサージ受けたのだけれども、で、その感想というかレポートを書いておこうと思ってんたんだけど、どうもその気力体力が今日はない&消化するのにちょっと時間がかかりそう・・・。

とにかく、なんでこんなにお腹が硬いんだ?っていう思いから、「わたし、そんなに何を溜め込んでいたんだ?」「え、それですか?マジですか」「うわーん!!!!痛い!!マジ痛い!やめて!ごめんなさいすみません、うおーやめてくれない、呼吸呼吸、いやマジ無理」ってなって、滅多なことでは「痛い」とか「やめて」とかマッサージで言わない私が、太ももの裏がつりそうになるくらいの強烈な痛みに、ギブ寸前、そしてそこから出てくる感情に驚いた、ということを詳細に書きたかったんだけど、要するにそんなかんじ?笑

意外だったのは、その痛みの原因というか、痛い箇所が、「怒り」と「悲しみ」関連じゃないかと自分では思ってたんだけど、そこではなくて、「恐れ」と「不安」と「憎しみ」だったということ。

特に、恐れ(腎臓)は、もーその痛み方がハンパじゃなくて、自分で感じる硬さもシャレにならないくらい組織がかたくなっていて、セッション終わってからもう数時間経った今もまだ、なんとなくそこあたりと、そこから奥に通じている内臓の裏側、つまり腰になんとなく違和感というか反応してるっていうのを感じる。

でも、そう思うと、前回のブログの記事にも自分で恐怖って書いてたし、ああ、そうか、私、そことは向き合ってなかった、って気がしたのだった。そして、終わったあと「こわいよーって言ってみたら?」ってナミちゃんに言われたんだけど、未だにただそれを言うだけのことすら素直に言えない自分がいることにも気づいた。「それを言ってしまったら負けだ」とかいう思いが出てきたり、「fearー恐れ」って言われるだけで、ちょっとからだがすくむ感じも涙が出そうになる感覚もある。怖いなんて言っちゃいけない、という何かそういう、ものすごい大きな感情もまだあるみたいだ。

本当にほんとうに、よっぽどこれは根が深いらしい・・・。ということだけはよくわかった。まだまだ自分にはこの施術が必要なんだと思う。


なんでも躊躇なくいろんなことにチャレンジして、いろんな人に躊躇なくガンガン物言いをしているようなイメージがもしかしたら強い私なので、そのパブリックイメージ?と、実際のお腹の状態(対人恐怖とか新しいチャレンジ対する恐れとかそういうのじゃなくて、たぶんある特定の部分に対する恐れ)とがギャップが激しくて、またそのイメージに自分自身すら認識できてなくて、より苦しい、みたいなところはあるのかもしれないな、とか。

って結局それなりに長く書いてしまった。
でもまだまだ今日のセッションを受けた気づきは、シェアしたいことがたくさんあるので、また追い追いどこかでできればいいなとは思ってます。旅先って、初日とかは結構時間があるからこうやってブログに書いたりできるんだけど、だんだん友達ができて夜ご飯食べに行ったりして、どんどん時間がなくなってしまうので、どこまで覚えてて、どう書けるかはわからないけれど。

タナチャイ先生のところのチネイザンは、数あるスクールの中でも1番ハード系らしく、そういうところを無意識に流れでで選んでしまうところが、なんか私らしいなあ、って思ったりもした。自分のやってるセッションも結局かなりハードコアなので笑。

そんなこんなで明日からさっそくクラスがスタート。いろんな意味ですごい楽しみ!
チェンマイに来るのは、なんだかんだでもう6回目なんだけど、その度にさりげなーくやさしーいエネルギーがでわたしを包んでくれる。そして自分では気づいていないような自分のエネルギーの深い部分が救われているようなそんな場所。お寺が多い古都だからなのか、何かしら前世的なご縁があるのか、そんなことはどうでもいいけど、とにかくチェンマイはいいところです!

写真は旅先ではiPhoneで少し撮ったのをFacebookにUPするくらいになりそうだけど、帰ったら少しずつ整理してUPしたいなー。
ブログを読ませて頂きました。
お忙しいと思いますがもしよろしければ
ご連絡頂けたら幸いです。宜しくお願いします。
chihiro | 2013/12/29 10:47
COMMENT









PHOTOBLOG