ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2010年雑感 フリーダイビング世界選手権のこと | main | お正月から実験くん >>
2010年をしつこく振り返る。
新年、もう明けて3時間ですが、まだ寝てないので2010年をしつこく
振り返ってみることにする。

沖縄の世界選手権が終わって、熱く燃え尽きて葉山に戻ってきたら
関東じゃあまだ夏はこれからが本番だった。今年は夏が2回あるみたいだな
そんな風に思った。まあ、沖縄では2週間以上いたのに一度も海に入れず
日焼け止めすら必要ない日々だったので、そういう意味ではこれからが本番だった。

もう本当に、思い切り遊んだ。
フリーダイビングのお友達もそうじゃない人もいっぱい友達を呼んで、
海に潜ったり、山に行ったり、キャンプしたり宴会したり。


サーフィンデビューもしたり、フリーダイビングの練習もちょっとだけした。
8月が終わっても、まだ海に行き続けた。寒くなるまで、しつこく続けた。

September

December

そして、気がつけば秋が過ぎ、冬がやってきていた。
部屋を片付けはじめ、そして芸術の秋、冬?ってことで
大人のピアノ発表会、なんてのに出てみたりもした。
心臓はどきどきしなかったけど、足が震えてるっていう得難い経験をした。
ちょっとミスもあったけど、わざわざ観にきてくれた友人たちは
感動したって言ってくれた。

出ている方はかなり年配の方が多く、私なんて全然若手。
それぞれに味があって、歴史があって、うまい下手なんて全然関係なかった。
ピアノに物語があった。素晴らしい時間だった。

終わったあとのやらせ写真ですが・・・


そしてクリスマスは、ふとした思いつきで戸隠へ行くことに。
セドナから始まった今年のわたし。そのきっかけをくれた友人とセドナ友の
ひろかっちと3人で神社の社務所で過ごすホワイトクリスマス。
なんだか不思議で、でもとても意味のある時間だったように思う。

冬の戸隠神社は、思っていた以上に修行だった。
あんなに雪が積もってるなんて。
そりゃスキー場があるくらいだから当然なんだけど、
まだ12月で雪が少ないだろうと思ってたのが、その前日くらいからの積雪で
すごいことになっていた。

2kmの雪の参道を歩き続けた


でもそれがまた、いろんな想いを掻き立ててくれた。
雪がすべての音を消し、しーんとしている感じ。
しんしんと降り続ける雪。
ときどき風や重みで木から突然落ちてくる小さな雪崩のような現象。
そして間一髪それを逃れるわたしたち。

言葉にはならないなにか深淵な思いがそこにはあった。
去年の11月に初めて戸隠神社に詣でてから、その日で3回め。
なにかが始まって、そして今日でいったん終わるのだ。
そんな風に感じた。

いつもの倍かけて奥社到着〜

2011年に向けての助走。
今年はどんな一年になるだろうか?
毎年毎年、予想できないことが起こり、しんどいなあって思いながら
それでもその中で最高の幸せを感じてもいる。
今年の幸せは、どんなタイプのどんなことなんだろうか?

今、この瞬間に生きる。
そこにフォーカスする。
ただそれだけをずっと続けていけばきっと
毎日が輝いていて、それが続いて結果的に素晴らしいなにかが
生まれるのだろうと思う。

今年はアラフォーなんて言ってる場合じゃなく、
ジャストフォーティな私。
自分が40代になるなんて、エドはるみ的に言えば成人式は二度・・・
なんて、本当に信じられないけれど、今の自分はそんなに悪くない。

好きな仕事をして、好きな場所に住んで、好きな仲間に囲まれて。
でも、これからはそのスケールを大きくしたい。
個人の幸せだけではなくて、自分のまわり、仕事の範囲、内容、
さまざまなことを、もっと大きくたくさんの人と関わり、
深く繋がっていきたいと思っている。

それがひいては自分の幸せにもつながる。
歯を食いしばって根性出してがんばるんではなくて、
軽やかに、自分に正直に、自然にそれを体現していきたい。
そして今はそれができる時代なんだろうと思うのだ。

人が不可能だと思うようなこと、
自分のまわりにはなかなか見本になるような生き方をしている人が
たとえいなくても、でも私はそれを追求したい。
真のパートナーシップ、というようなもの。

今まで出逢った人たち
これから先未来に出逢う人たち
いろんな同志と深く、熱く関わっていけたらいいな。

というわけで、本年もどうぞよろしくお願いいたします!


COMMENT









PHOTOBLOG