ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
花の季節がはじまった。
がーん。さっき書いたブログが全部消えてしまった・・・。
というわけで、また書くのは大変なので、今日撮ったお花と夕陽の写真のみUPします!
花の写真撮ってると、自分が癒やされるんだなーっていうそんな話題でした。







これから先、近所ではふじ、しょうぶ、ポピーときてあじさいに続きます。
今年もいっぱい撮るぞ〜!

新しい写真ブログ。
5月はとにかくカメラ関係のバージョンアップがすごい月だった。4月に買った新しいカメラ、レンズ、更に5月にまた新しい小さなミラーレス一眼もひっそりと購入して。

管理が追いつかなくなるほどの写真たち。でもなかなか結構な力作もあって、いつもはFacebookにアップして楽しんでいたのだけれど、画質のこと、アーカイブのことを考えるとちょっと心もとない。ちゃんときれいにギャラリーみたいにして残しておきたいと思って、5月のはじめから少しずつブログカスタマイズして制作。そのうち完成させようと思っていた機材紹介ページを、さっき気乗りしない作業の前に勢いでわーっと作ってとりあえず公開できるようになった。

今はまだお花ばかりを掲載しているけど、ジャンル分けしつつ、星空の写真とか、旅先の写真とかも少しずつ載せていけたらいいなと思っている。 このブログ、デザインはWordpressというCMSのステキな海外の写真用ブログテンプレートをほぼそのまま踏襲して制作したので、かなーり素早く制作できた。一部CSSがあれれ?ってところがあって、最初だけカスタマイズにてこずったけど、サムネイル表示、スライドショー、画像が拡大して全画面みたいに表示される機能、タグによる分類などなど、かなりの高機能。




今はまだトップページに4つしか画像が表示されてないけど、これはエントリーが増えれば下にもっと増えてくる。そしたらトップページだけでもなんかカラフルできれいだろうな〜とか思うとそれだけでうっとり・・・(笑)。

写真ブログには、今までもう4年くらい前からひっそりと
こちらのほうでも写真+ポエム、みたいなのをやっているけど、これはなんとなく毎回違うテーマの写真をアップすることが多いので、一度に撮影した写真をスライドショー的に見られるものがどうしても欲しかったのだった。

これからここに作例を載せていくことで、自分がどれくらい写真的に成長したかもわかるかなあ?とか思ったり。とにかく最近買ったカメラとレンズ、特にレンズが変わるとこうも表現が違うものなのか!と驚くばかり。パシャっと撮っただけで「おおおお」みたいな感じの絵が出てきたりして、本当にすごい。

まあ、機材負けしないように、とにかく今はいろんな写真を撮ること、というか、今までも撮ってたけど、これからはもうちょっと構図とか光とかレンズについて勉強して(今までは敢えて勉強してこなかった。自由度がなくなる気がして)自分の感動や心の動きを伝えられるような、そんな写真を撮っていけたらいいなと思っている。

今度、7月初旬に開催するアメリカセドナ&グランドサークルツアーでも、前回は暗くて撮れなかったような場所や、うまく表現できなかった夕暮れの空なんかを、新しいカメラで捉えられたらいいなと今からワクワクしている。本当はもうひとつステキに撮れるズームレンズが欲しいけど、予算が・・・・・。

この今月みたいな興奮状態が、いつまで続くかは自分でもわからないけれど、今までサボっていた写真、というかカメラと撮影についての学びを少しずつ深めつつ、その写真を見てくださる人が、ちょっとでも何かいい気分になったり、何かとくべつなものを感じ取ってもらえるようなことが少しでもあれば、本当に何よりだと思っている。

今日の空と海。真っ赤に焼けて本当に美しかった・・・


女木島の光と影
2013年4月、弾丸瀬戸内旅で個人的に一番面白かったのが、女木島(めぎしま)訪問。高松港からフェリーで20分のこの島、瀬戸内国際芸術祭が行われるまでは、おそらく夏の海水浴シーズン以外はほとんど人気のないところだったんじゃないかと思われる・・・。

そんな島にも芸術祭が行われている今の期間は、多くの観光客が訪れ、島のあちこちにあるアート作品をささっと見てまわっていたけれど、もともと島好き、更に廃墟っぽいさびれた風景も大好きな私にとっては、作られたアートだけでなく、もう使われなくなった桟橋や廃屋が、現代アートのようにも思えて、そういった風景を集めてモノクロにして切り取ってみた。

実際、廃屋を利用したアートの試みもたくさんあって、特に素晴らしかったのは山頂にある鬼ヶ島洞窟の中の作品だったのだけれども、それについてはまた別記事で紹介するつもり。

今回初めて自分の写真を白黒に処理(Photoshopで加工)したのだけれど、なかなかおもしろかった。階調など結構テキトーなので、これで合ってるかどうかよくわからないけど、まあともあれ、とりあえず、カラーとは違う世界をお楽しみいただければ・・・。

※写真はすべてクリックで拡大
新しく作られたフェリーターミナルの横にあった朽ちた桟橋

男木島からやってくるフェリーめおん2

 
フェリー後方のこの救急用浮き輪のシルエットが好き

港に立つ灯台とかもめのオブジェ

風でかもめが揺れる

散り際の桜と集落

落ちた花びら

朽ちた車

続きを読む >>
直島の町並みとアートたち。
1泊弾丸で瀬戸内国際芸術祭2013で盛り上がる直島(香川県)と
女木島というところに行ってきました。

まずは1島目・直島の様子を写真でお楽しみくださいませ〜 
新しいカメラが楽し過ぎてもりもりいっぱい撮ったのでまたアップしますね。
旅の記録や感想は別途!

アートと島旅の融合。急ぎ足だったけど素晴らしかった!また行くぞー

※写真はクリックですべて拡大
高松ー直島はフェリーで約1時間 宇野(岡山)ー直島は20分くらい
宮浦港にある赤かぼちゃとベンチ。ヘモグロビンを想像したのは私だけかな。
 
銭湯マニア(私)憧れの聖地。アイラブ♥湯のタイル(アート作品ですが本物の銭湯)
こちらはたぶん普通のお地蔵さん。なんでも現代アートに見えてくるから不思議
家プロジェクト(古い廃屋をアート作品に)がある本村地区のタバコ屋さん
家プロジェクト ジェームスタレル「南寺」(入ってないけどw)※
夕暮れ 遠くに見えるのは瀬戸大橋
本村地区の町並みと北の星たち ※

続きを読む >>
新しいカメラ。-PENTAX K-30-
思い立ったら吉日、というのはこういうことを言うのかもしれない。

きっかけは、facebookのタイムラインに出てくる、いつもはちゃんと見もしない右側の「広告欄」だった。ここに最近、Amazonからの宣伝が入っていて、そこにカメラの広告が入っていたのだった。

それがふと目に留まって、ついポチっとしてしまったのがすべての始まり。そして、ちょうどその日、明日から出かける予定の直島への一泊旅を決めたばかりということもあって、カメラどうしようかなー?って考えていたところだったのだ。

でもそのときはまだ、新しい一眼を買う予定なんてなかった。新しくカメラを今度買うとしたら、重くなくて小さいミラーレス機を買うつもりだったし、それはまだもう少し先のつもりだった。

そこに出ていた広告の商品が何だったか正確には忘れてしまったのだけれど、一眼レフカメラの本体(レンズ抜きのボディのみ)の特価情報だったように思う。それが、思ったより安く・・・。

写真はすべてクリックで拡大

私もまだカメラについてそんなに詳しいというほど詳しくはないのだけれど、友人に安くで譲り受けたPENTAXの一眼レフカメラK-100Dは、そろそろ3世代前くらいの機種になっていて、(たぶん6、7年前の機種)通常の明るい日中であれば何の問題もなく、写り方の好みとかレンズの違いとかはまだわからないレベルの自分の中では「背景でボケさせたりできてよいよい^^」と、楽しく映せていた。

けど、どうしてもセンサーの精度の関係なのか、最近の機種よりも圧倒的に暗いところに弱く、オートフォーカスのピントが迷いまくって全然合ってくれないってことが多かった。
そして、そのことは、夕方や星の写真を多く撮りたいと思い始めている今の自分にとっては、かなりのマイナスポイントだった。(さらに露出ボタンがよく狂って表示されたので、ちょっと壊れかけだったともいえる。。。)

だからそろそろ買い替えかなとは思ってたんだけど、一眼っていうのは、そもそもはレンズを交換して使うもので、それはメーカーによってそれぞれまたフォーマットが違っているので、キャノンならキャノン用、ソニーなら・・とそれぞれ違う規格のものをそろえる必要がある。だから違うメーカーに鞍替えすると、今まで使っていたレンズはもう流用して使うことはできない、ということになる。(一部例外もあると思うけど、基本的にはそういうかんじ)


続きを読む >>
星を撮る。
書いていたブログの記事が消えた・・・・。がーん・・・。
ショックなので、写真の紹介だけすることにする。

最近、去年の秋に買ったRICOHのGRDigital4を主に使って、星空と風景のミックス、星景写真というのを撮ることにちょっとハマっている。先日行ったカメラの展示会のセミナーで、その世界の第一人者の写真家の方が言うには、デジタルの世界になってから、それまでとは撮影方法が一変して、まだこの分野はあまり開拓されてないらしいので、そういうのを聞くと、「おお!では私が!」とか思ってしまうおバカな私・・・(笑)。

とにかく、星だけ撮っても面白くない。なんとか星雲とかあんまり興味ないし。
クリックで拡大

長野で撮ったほぼ星だけ写真。
キレイけど、その土地感みたいなのが出ないよね・・・。

こういう風景とか光が入った星空の写真のほうがなんか好き。
こういう写真は技術的にフイルムでは撮れないんだそう。

同じ長野のスキー場の駐車場で撮影。
スキー場はリフトがあるせいか、でかい鉄塔が多くて電線が邪魔で撮りにくかった・・・

オリオン座はフォトジェニックなので撮りやすい


続きを読む >>
今日の夕暮れ
夕方、いい感じに夕陽が出ていたので久しぶりに海岸に出て写真を撮った。
いつだってそんな時間はあったはずなのに、なんだか、
こんな風にふらりと海に出る感覚がここ数ヶ月なかったことに気づく。

うーむいかんいかん。

今週は少しだけ時間に余裕があるのでのんびりしている。
それは、今年に入って走り続けてきた、ちょっと無理があるのを承知の上で
いろいろなことにチャレンジしてきたその足をゆるめ、
立ち止まってこれから先に向けて
深く想いを馳せるための大事な時間だと思っている。

今朝から、Appleコンピューター創始者スティーブジョブズ逝去のニュースがあって
Mac派じゃない人には、なんでそんなにニュースになるのか?ってなるのかも
しれないけれど、私はたぶん、申し訳ないけど、ビルゲイツが亡くなっても
ここまでの衝撃というか、深い感情の揺れ動きはないだろうと思うけれど、
ジョブズの死は、前のエントリーでシェアした、スタンフォード大学での講演を
含め、その死生観、生き様にとても共感していたので、

なんだか本当に(もう、そう長くないんだな、ってことを)
わかっていたこととはいえ、それでもなんとなく、
今日はいちにち宙ぶらりんな感覚があった。

そんなときは、言葉よりも、自然に直接触れたほうがずっといい。
そんなわけで、カメラを持って海岸に降りたのだ。

本当に、わたしたちの時間は限られている。
今日という日は、もう二度と来ない。

「今日が人生最後の日だとしたら、今日いちにちは最良の日だろうか?
ノーが続いたら、何かを変えるとき。」

今、この瞬間、を切り取ることができる写真が好きなのは
そういう、「今、生きているという実感」をよりリアルに
感じたいからなのかもしれないな、なんてことを思う。

※クリックで拡大します



続きを読む >>
本日の秋谷海岸
書きたいことは山ほどあるのだけれども。
とりあえずさっき撮影してきた写真をアップしてみる。
今日は朝から本当にいい天気で、大島も富士山も
向かいの伊豆半島もやたらとくっきり見えた。
波も強くてサーフィンができそうなできなさそうな・・・。

いずれもクリックで拡大します


夕陽待ちな三脚たち。確かにベストポイントなんだけど、ホントいつもすごい。
波も光ってキラキラしてる

続きを読む >>
OKINAWA photo
ちょっと実験も兼ねてます。キレイに見られるかな〜? クリックすると拡大します。


沖縄にきてます
昨日は久高島に宿泊。
今朝は朝日のなか、海岸をお散歩しました。
寒波の波はこちらにもきていて、結構涼しいけれど、素晴らしい時間。

時々つぶやいてますので、よかったら見てみてね。明日までサロンはお休
みです。ご了承くださいませ。
いっぱいチャージしてきます!!
PHOTOBLOG