ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
これからの自分の方向性を考える。
基本的に自分は「ボディセラピスト」であり、そのサロンを運営するオーナーというのがメインの仕事、というのがここ10年変わらない認識なのだけれども、ここ数年、「今のままでいいのか?」と自問自答し続ける日々が続いていた。

今も、その答えがハッキリ出たわけではないけれど、少しずついろんな試行錯誤をして、ちょっとずつ自信のようなものも身につけながら、自分の仕事の幅を広げてきた。



セラピスト以外にやっている今の仕事は、
1 ホームページ企画制作
2 取材・編集・Webライター業務
3 新たな仕事のかたちを生み出すビジネスプロデュース

といったところだろうか?1.2.3が単独であるわけではなく、取材をしたものを編集し新しくサイトを作って発表するようなものもあれば、寄稿する形で記事を掲載してもらうものもある。
Webサイトの制作も、ただつくるだけではなく、「何故」「何を」「どのように」伝えるか?メニューや内容の構成を考えたり、文章のリライトをしたり、ということも担当している。

この作業は、面白い!と思うものの、正直今の労力と賃金は割に合ってないな・・・ということも感じる。ボディセラピーにしても、どんなメニューにしても「価格設定」というのは非常に難しく、市場価値と合わせて「高過ぎてもよくない」し、かといって「値段を下げすぎるとアウト」で、自分にとって、そしてそのメニューを選んでくださる方にとっての適正価格である必要がある。



今、ほぼ完成した現在のセラピスト仕事以外のお仕事を紹介するMoanablue OFFICEのサイトには、迷いに迷って、価格表というものを掲載しなかった。(サイトは数日中に公開しますよ〜)なぜなら、サイト制作ひとつとってもすべてのオーダーが毎回違って、関わる内容も違うので、それによって金額が全く違ったものになるから。

もちろん、例えばそのあたりを全部ひっくるめてパッケージ化して、サイトいっこまるまる作って納品して全部で10万円!とかっていうやり方もある。けれど、ページ数、構成、リライト、写真、メニュー策定他、コンサルティング業務まで関わるとなると、それはある種クライアントの方との相談になるわけで、やっぱり一律いくらというのは難しいな、と今は思っている。

そういう思いもあって、だったらべつにサイトなんてリニューアルしなくてもいいんじゃないか?っていう気持ちもあったのだけれど、自分がやっている業務、というものをもっと多くの人に知ってもらうことは、やっぱり大事だ、という結論になり、サクッと作ってみることにしたのだった。

自分のこれからの仕事の方向性はどうなっていくか?

続きを読む >>
WordPressの無料テンプレートが結構すごい。
最近、ボディセラピーの仕事以外のお仕事も増えていて、7月に入ってからは、なんだかんだでWeb制作のことばかりやってる気がする。

私がやってるWebの制作はだいぶ特殊で、普通は分業でディレクターがいて、デザイナーがいて、コーダーがいて、場合によってはライターも別にいてっていうところを、家庭内手工業的に、全部ひっくるめてお引き受けしている。それはトータルで素早くいろんな提案ができて、変更もできるというよいこともある反面、個々のクオリティがどうしても専業の方より落ちてしまう、というデメリットもある。

自分の中では、企画の部分(どういうWebサイトをつくればPRできるか?というプロデュースのところ)と、ライティング部分(ここではこういう内容の文章があるといいね、と提案してリライトのお手伝いをする)の2つがまずは自分の強みだと思っていて、デザインやコーディングはおまけでしかなく、苦手分野でもあって。


なので今もサイト制作のWebは作っているものの、積極的にPRしてこなかった。
けれど、これからの時代、ブログの発信ももちろんものすごく大事だけど、それプラス、自分の世界観みたいなものを全面にみせていくWebサイトの力もやっぱり侮れないなと思うようになった。

そして、最近は、WordPressという仕組みや、それに伴うテンプレート(デザインの基本になるプログラム)が多く出ていて、そういった仕組みを利用すると、自分がコーディング(Webサイトの設計プログラム)をあまりいじらなくても、いい感じにサイトが作れるようになった。

それらのテンプレートはほとんどが英語で提供されているので、日本ではまだあまり利用している人が多くないのかもしれないけれど、そのおかげで、写真やイラスト素材さえしっかりしていれば、そのテンプレートを利用しながらアレンジして、今までよりももっと「自分の世界観」をしっかり見せられるのだ。

例えばこんなのとかが参考になる。


ここからいくつか気になったものをお見せすると・・・
例えばこんなFacebookのタイムラインみたいな見せ方するやつとか
(実際動いてるのが見られるデモサイト)


**

これ、事務系オフィスなんかだったら
もう文字入れ替えたらイケるんじゃ?っていう感じのテンプレート


**

ちょっと外国っぽさが強いから使いにくいかもだけどデザインが好き。
文字の大きさをどう変えてキレイに見せるかがポイントかも。
有料版もあって、そちらはもっといろいろカスタマイズできる。
最近、世界はそういうビジネスモデルが多いっぽい。



**

自分の写真とかを見せるポートフォリオ用の1ページのみサイト。
写真がいいから、ってのはわかってるけど超カッコイイ〜




**

こちらは画像入れ替えたら何にでも使えそう。
汎用性が高いものが結局便利だったりする。
凝り過ぎてると、あとでここだけ変えたいんだけど、ってなったときにどこをいじっていいかわからず泣きそうになるので。

http://wpexplorer-demos.com/elegant/ (デモサイト)


こちらも1ページもののサイト。最近海外ではかなり多くなっているので、そのうち日本でも増えてくるのではなかろうか。

余談だけど、日本は進んでるようでいて、やっぱりアメリカのブームが10年遅れで来る感じ。ヨガもそうだし、ボディセラピーも、私がアメリカで最新セラピーとして学んできた、筋膜リリースやクレニオセイクラルセラピーといったものが、今ようやく日本で話題になりかけているので。ITの世界はもう少し時差が少ないけど、でもやっぱり数年遅れな感じはしている。

で、最後にこちら。

これからこんなビジネスやりますよ!ってのにちょうどよい規模感。
これも有料版もありまっせ商法。でも無料版でも十分使える。
色味がまさに海外!という感じで、日本ではあまり見ないけれど、この色をカスタマイズするだけでだいぶ雰囲気が変わると思う。



そして、これらはすべてにおいてレスポンシブデザインといって、スマホやタブレットにそのまま対応できるようになっている。今や日本もWebサイトもスマホで見る人のほうが増えてるくらいらしいので、対応っていうのは必須。

Webの世界はトレンドが早くて、数年でもうデザインの主流が変わってくる。でもこういうテンプレサイトを見るのはすごく楽しいし、これをどういう風に活かそうか?と考えるのもまた楽しい。実はこの中に私が仕事として請け負ったサイトの元ネタもあったりする(笑)

これらは当然英語がベースなので、英語が苦手っていう人は敷居が高いかもだけど、私もIT用語を英語で理解するのは結構慣れが必要だったし、今も完全に理解してないことも多い。でもやっぱり英語の世界は日本語ベースの100倍くらいリソースが大きいので、そうやって英語に慣れていくっていうのもアリなんじゃないかなって思う。


で、こういうテンプレートをベースにWebサイトを制作する仕事もやってまっせ〜というのが、今回の記事の主旨でございます(笑)。上記のようなテンプレートを利用しつつ、WordPressを使ったサイト企画制作を行ってます。発信する内容はもとより、使う写真やイラスト、色味でホントにいろいろ変わるので、まずはご相談ください!

価格は内容によりますが、企画構成料とデザイン・制作料を合わせたカタチで頂戴していますので、○○円ポッキリ!的な格安サイト制作会社よりは、若干高めになるかと思います。

何より大事なのは「何を発信するか?」「いかに更新し続けるか?」ということに尽きるのだけれどもね。そのあたりの話はまた今度!

PHOTOBLOG